PLOVERS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、意味深なタイトルで始まった本日のブログ

これからお話する事は、ノンフィクションであり、
今も尚、実際行われている儀式です

18歳未満の方の閲覧は禁止されております。。。(冗談です。笑)

先日、私の嫁ぎ先である『黒潮町』のとある地域で、
「厄入り」を祝う行事がありました

私は、お手伝いとして、仲良しの奥様と2人で出向きました
近所のおばさま達と、
他愛もない話しに花を咲かせながら、滞りなく無事準備は進みました
P1020962.jpg

お鍋に、田舎寿司、フルーツの盛り合わせ、、、
あとはお客様達が来るのを待って、式を始めるだけです

その時悲劇は起こりました

おばさま達とみかんをつまみながら、談笑していた時、
「あんたはいくつ??」
と聞かれました。。。

「32です、、、」
と正直に答えたのが全ての始まりです
「ありゃ?、ほいたらあんたも厄入りの祝いをせないかんね!!」

「・・・」

ヤバい事になったぞ

私はこの儀式の対象者がどんな目に遭うか、
恐ろしさを知っているからです
果たして無事生還できた人はいるのか。。。

そんな私の焦りは関係なく、
お客様も次々と来始め、式が始まりました

P1020965.jpg

和気あいあい、
食事にお酒にと、式は進みます
みんな気心しれた近所の仲間達。

この後起こる世にも奇妙な儀式の事が頭から離れず、
せっかくのおいしい食事も喉を通らないのは、、、
おそらく私だけだったんでしょう


。。。といったところで、
本日のブログはおしまい

さ~、皆さん。
続きが気になる方は、
明日のブログでお会いしましょう
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://plovers520.blog63.fc2.com/tb.php/150-f2deafab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。