PLOVERS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東日本大震災が発生して、6日が経ちました。

私には知識も学もないので、
こういった時、何をどうすればいいのかまったくわからず、
ただ、被災地の方々の疲労、心労、恐怖心を考え、
胸を痛める事しかできません。

地震が発生して、
今再読している本があります。
P1050782.jpg
『神の子供たちはみな踊る』

村上春樹さんの短編小説です。

1995年2月のお話です。

そうです。。。
1995年1月に起こった、『阪神・淡路大震災』。

フィクション作品ですが、
この短編集の登場人物たちは、みんな、
この地震に間接的に関わっています。

読んでどうなるわけでもありませんが、
なぜか無性に読みたくなりました。

地震に限らず、『天災』による被害は、
必ずしも人ごとではなく、誰にでも起こりうる事である。。。
日常の一部なんだよ。。。

という現実を、
目の前に突きつけられるような感覚がしました。

再読している今、
一回目に読んだ時より、もっとリアルにそう感じます。

。。。

ひとりでも多くの命が助かりますように、

被災者の方々が少しでも早く元通りの生活ができますように、

被災地が少しでも早く復興しますように、


心からお祈り申し上げます。


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://plovers520.blog63.fc2.com/tb.php/423-cb040fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。